面接で採用されたい方は集まってください

就職活動において採用の基準とは一体何でしょうか?それは企業によって様々ありますが、一般的な採用基準を頭にいれることで面接の準備も楽になることでしょう。こちらでは採用に関する情報を更新したいと思います。

働き方を相談してから採用されることは可能か

現在はライフスタイルが多様化しており、働き方は個人によって異なっています。若くて独身の方だったら、自由に働けるでしょうが、それ以外の場合は難しいこともあります。例えば、シングマザーで子育てをしながら働いている方は、独身の方よりも働ける時間が少ないはずです。採用前に働き方を相談できる会社は多いです。ただし、その場合は派遣社員かアルバイト・パートの仕事を探した方が良いでしょう。正社員の場合は働き方に制約があり、原則として週に5日から6日の勤務があり、勤務時間は朝から夕方までのことが多くなっています。さらに残業をしなければならない会社もあります。
派遣社員やアルバイト・パートだったら、自分の働く日を比較的自由に決められます。勤務時間も午前中のみ、または午後のみにすることができます。正社員にくらべて、残業ははるかに少ないです。残業がない会社もあります。
派遣社員やパート・アルバイトとして働くと給料が少なくなる難点があります。その場合はできる限り、派遣社員として働くことを選択しましょう。派遣社員で週に5日程度朝から夕方まで働くようにすれば、給料の額は正社員に近づきます。ボーナスはもらえませんが、比較的自由に働ける良さがあります。
看護師や薬剤師といった専門的な仕事だったら、雇用の前にいろいろなことを相談できます。これらの仕事は売り手市場であり、人材が足りていないので、働く前に自分の希望する条件を受け入れてもらえることが多いです。正社員の場合は相談は難しいことが多いのですが、自分に特殊な技能や知識があったら、相談できる場合もあります。
自分の希望する条件に合った仕事を見つけるのは簡単ではありません。なかなか見つからない場合は、転職サイトのキャリアコンサルタントに相談するのが良い方法です。