面接で採用されたい方は集まってください

就職活動において採用の基準とは一体何でしょうか?それは企業によって様々ありますが、一般的な採用基準を頭にいれることで面接の準備も楽になることでしょう。こちらでは採用に関する情報を更新したいと思います。

2016年10月の記事一覧

企業にありがちな採用基準について

企業において人がいなければ仕事が回らないこともあり、新しいことを行うためにも人材が必要となります。人はいつも必要というわけではありませんが、退職者が出てしまったというような場合や、メーカーなど増産が必要となった、新しく事業を行う、店舗など展開を行ったことで人材が必要になることがあります。
このような場合に企業はただ人が必要というのではなく、どのような人が必要なのかという観点から求人を行い採用をすることになるのです。
企業としてはできるだけ必要な人材が確保できるように求人に条件をつけます。しかし採用の時には履歴書と面接ということになるので限られた書類と限られた時間内で判断しなければならないということになります。
一般的には採用を行うときには、応募してくる方の人権を尊重するということ、応募者の適正や能力を基準として選考を行うことになります。
またできるだけ雇用条件や採用条件に合った全ての人が応募ができるようにはからう必要もあるのです。
応募してくる方の適正や能力が、今回必要としている求人職種の職務を遂行できるかどうかを基準としなければなりません。
企業としてはこれら採用の条件のなかに合う人であってもできるだけいい人材を採りたいと考えるものなのです。またいい人であれば長く続けてもらいたいとも考えます。
採用選考時に考慮すべきこととして本人に関係のないことは把握しないということで、例えば本籍や家族に関すること、自宅のことや生活環境のことなどです。
また本人の思想に関することも把握しないということで、宗教や人生観、尊敬する人などあります。そして採用選考には合理的、客観的に行う必要があるのです。
これを履歴書や面接によって判断をしなければならないことになり、よい印象というのはその基準のひとつになります。

続きを読む