面接で採用されたい方は集まってください

就職活動において採用の基準とは一体何でしょうか?それは企業によって様々ありますが、一般的な採用基準を頭にいれることで面接の準備も楽になることでしょう。こちらでは採用に関する情報を更新したいと思います。

2017年07月の記事一覧

翻訳をする職業の採用は狭き門

翻訳とは、外国語で書かれた文章を、別の言語に置き換える仕事です。日本では、日本語が公用語なので、外国語で書かれた文章を日本語に置き換えるのが、最も需要があります。ただしそれだけではなく、日本語で書かれた文章を外国語にすることもします。翻訳の職業に尽きたい場合には、翻訳会社の求人委応募する必要があります。ただし、採用は狭き門であるため、面接対策はしっかりと行い、自己アピールを欠かさない必要があります。
翻訳に必要な語学力は、高度なものが要求されます。そのため、大学の外国語学科で専門的に学んできたという人は有利です。ただし、それだけではいけません。翻訳をするためには、その言語を使用している国の文化事情も知っていないといけないからです。一見なんともないような文章でも、特定の文化時事情を背景としている場合があります。そのため、それをそのまま返還したとしても、文章としては意味をなさないものとなってしまいます。そういった点から、海外に暮らしていた人や、海外の文化を学んだという人は、採用に関しては有利に働くといえるでしょう。
また、採用しているところが、即戦力を求めているのか、これから育てていくつもりなのかによっても、合格しやすさが異なります。前者の場合、当然すぐに仕事ができるスキルが必要となるため、すでに業界で働いてきた経験がなければなりません。ただ、すべてがそうではなく、後者の目的で募集をすることも多いです。その理由は、若い人材を育てないと、企業の新陳代謝が進まないからです。そのため、これから社会に出るような若い人は、人材の育成を考えている業者を選んで応募しましょう。具体的には、即戦力を求めると書かれていない職場を選んで応募してください。

続きを読む